ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

今日の高校数学。

今日の高校数学。

この学校の数学の自校作成教材はめっさオモロイ。

大学への数学(研文書院、旧課程版)』、通称「黒大数旧」のA基礎理論篇の解説が詳しい「わかる数学」を、より大数的にしてある。

センターの良質問題を誘導なしで出題したり、はじめから独力で解くには難しいものに♯印をつけたりと工夫が多彩で考えるのが楽しいつくりになっている。あまりに楽しくて、試験で高得点を取るための学習から遠く離れて数学の楽しさにはまってしまうようなつくりになっている。

このオリジナルの問題集は浦和高校数学科採用の青茶ワイドと好対照である。

どちらの書物をコーチとして学習するのでも、<なぜそのように解くか>という深い理解を得ることができるだろう。そしてもしも深い理解を得られたなら、数学が楽しくて仕方がなくなるだろう。