ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

特性マリナーズ川崎の「盗塁フェイク◯」

「文字を書くスピード◯」がみについているようだね。

いつもいそいで書くことを自分で自分にノルマにしてきたようだね。

速い、実に速い。

単元を終えるのがすこしばかり速くなりそうだ。

あー、「むらっけ(班っ気)◯」がみについてるね。

先週はよくやった、今週はまあまあで、来週はよくわかりませんときたもんだ。

「むらっけ◯」はなくていいんだけどまああってもどうにかなるか?

いやない方がいいんだけどなー。

とにかく毎週やりなさい。

あー、「チャンス×」がみについてるね。君はチャンスに弱いんだ。へー。

今週は地区大会の決勝戦、ここが勝てると一気に全国区になれるチャンス大会なんだよね。

「チャンス×」がみについてるね。

もっとも重要なチャンス大会だっただけに残念だなー。

チャンスをものにできないのはなんでなんだろうね。

普段からの準備がある人にチャンスは訪れるとよくいうね。

チャンスは目の前までは来てるのになー。

おしいなー。

ものにできないのか、できるのか、わからない。

うん、ヴォクにはそれはわからないのだよ。

をを!「威圧感◯」がみについてるじゃん!

いいねー。

君は四番の資質ありだ。君はチームになくてはならない存在なんだ。

なんてことをウダウダと考えながらサクセスコーチをつとめてた。

実況パワフルプロ野球サクセスモードで選手を育成するのが好きだった。

趣味が高じてネット上にパワプロのホームページを作ったり時折オフ会を開いたりした。

オフ会を開いて神宮球場に集まってみたら学生ばっかりだったんだな。仲良しだった大阪のペーさんだけは来られなくて「私はチャンスに弱いのですね」というメールをいただいたりもしたもんさ。

学生は暇なんだな。パワプロは時間がかかるもんなー。ペーさんと会いたかった。

それにしてもあなたは個性的だ。実にいろんな◯がみについてるね。

歌丸とツルピカハゲ丸はみについていなくていいよ。え!それはないって?

ああ、冗談だよ。

「冗談把握×」と、メモメモ・・・。

え!

なんでそんなに性格を読めるのですかって?

ヴォクは読心術◯があるのかって?

ないよ。

なにもわからないから適当に言ってるのさ。

軽く流してくれたまえ、どうでもいい話として。

ただひとつ言えるのは君は伸びそうだってことくらいさ。

あついものがあるようだね。

いい方にいったらよくなりそうだよ(占い師かっ!)

いまもしサクセスするなら、

特性マリナーズ川崎の「盗塁フェイク◯」がほしい。

1番ジータ、2番イチローもびっくりのフェイク。ちぇすと。

国語の週課題。

全体的にどの子も採点していると普段より「はじまる」(1周目のはじめから赤◯)が多い。

見ると解答時間(脇に記録している)が長めの子が多い。

夏休みは時間があるから読み解きにじっくり時間をかけているのだろうか。

普段からそうしたらいいのに。

ほなね。