ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

必ず成績が上がる方法がある(2)

必ずなんてあるの?

こ~の、ヒカポンタンっ!

ん、ポンカン?屋久島産?(完食しました 母へ)

あるんです!(某サッカー解説者で)

本気モードになった受験生ならみんな実施しているかんたんな方法だ。

セルフラーニングの基礎部分にもなる。

ある小学生もやってる。夜ご飯のあと必ずノート10ページ分勉強している。先日見せてもらったノートの表紙には「せるふ☆すたでぃ☆vol.13」って書いてあった。なんだかアポロ13みたい。アンラッキーナンバー飛ばさないんだ~。

ナカミがあろうとなかろうとそんなのはどうでもいいんよ。やることなんてその日その時その場所での思い付きでいい。

なにがって、自分ノルマ。彼は自分にノルマを設けている。やるのがノーマルなわけ。やらないのがアブニョーマルなわけ。

なにもやらずには寝ない、って!

それが終わるまで風呂にも入らず、

布団にも入らず、

大相撲ダイジェスト観戦にも入らないらしい。

相撲マニアなのに!ヴォクが知らない関取を知ってるし。

悔しいから千代の富士と安芸ノ島についてめっさ説明してやったぜ。

自分ノルマがあるから彼は毎日必ず勉強が進んでいる。同じ内容の復習かもしれない。学校の教科書の復習かもしれない。同じ問題集を6周したと話していた。実際、○が6重についてた。あと少しで入れるね。あと3重したら入れるかもよ。九重部屋に。いや、なんとなく。

参考書を見ながらの予習かもしれない。

たまたまこの子は学年より3年くらい先のところまで勉強が進んでいた。

自分ノルマ。やり出すとやめられなくなる。やめられない、とまらない。

なんかこう、一度体験しちゃうと、それのない生活が味気無くなる、みたいな。

なんかその、それをしないで寝る自分で自分を叱ってあげたい、て~き~な~(H画伯風)。