ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

1番ライト、イチロー(4)

前の記事の中に紹介した本のp.77にメジャー一年目の快挙について聞かれたときのイチローの言葉が書かれている。

コーチえのもとの「俺は半端はひとっちゃ好かん。」と合わせてヴォクの座右の銘だ。

引用しよう。

~成功という言葉は嫌いだし、記録、記録と騒がれるのも嫌いです。記録とは、だれかが別の人間より優れている、という意味ですから。みんな、記録で選手を比較したがる。記録に価値がないとか、重要でない、と言ってるわけではありません。一番大事なのは、ベストを尽くしたかどうかです。準備をしっかりして、全力を出しきったかどうかです。準備もせずに記録を出したら、満足できるわけがない。準備万端整えて、一生懸命努力して、ベストを尽くしてはじめて、自らを克服できる。そうすれば本当の意味で満足がいくはずです。そこまでやったのに、ほかの人間に先を越されたら、それはもうしかたがない。だれが一番で、だれが二番かと考える前に、はたして自分がベストを尽くしたかどうかを反省すべきです。~

(『イチロー革命』ロバート・ホワイティング)