ヒカリブログ

上尾市にある学習塾光塾

私信 ナルトさんへ

コメント削除してしまってごめんなさい。これでも色々書いたり消したりと忙しかったですよ(笑)

大学を出ても出なくても、職人になろうと学者になろうと、好きな仕事をするとか、人の役に立ちたいとか、人にはそれぞれの思いがあると思います。

ナルトさんのコメントからの質問の件ですが官僚養成大学ではなくて今はいろんな人がいるようです。まずはそのことを答えます。

どこに入ったらいいかよりも、入った後にどんなことをする人になりたいのか、それを考えてみてはどうでしょう?

学校は利用しなければお金の無駄です。あまりの無駄さに入ってやめる人もいるくらいです。

ぼくは14歳くらいでいまの仕事をしようと大体決めていました。コメントにあった「政治家や官僚」には興味なしでした。学校選びには深い理由はなかったです。東京の大学の中から探しました。今と違って情報が少なかったですし、行ってみないとわからないから確かめるために進みました。

質問の答えはそんなところです。

おまけです。わかりやすく語学を例に。大学での英語の授業は入試英語よりもずっと簡単なものしか大学には用意されていません。教養はそんな感じで本から学んだ方がはやいところも多々ありました。出席もあまり強要されません。

何が言いたいかといえば、大学にいけば大丈夫だとか、大学が資格や力を与えてくれるという幻想ははやめに捨ててもいいということです。

自分がどうありたいのか、自分が何になりたいのか、その準備に必要な環境を選べばよいと思います。

がんばらなくちゃね(リンドバーグで)♪