ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

小学生のセルフラーニング

前にも書いたことがあるが、

http://selflearning.seesaa.net/article/115800601.html

ヴォクはどなってばかり。新入生(小学生)が季節の入れ替わりでたくさん来ているが、先週・今週は、牛乳を多めに飲んでいる(カルシウムをとってあまりイライラしないようにしているつもり)。

子供がひとりで、本気で勉強するようになるまで、やり方を何度も繰り返し伝え、ただ、自分から本気でやるのをひたすら待つ。

一緒にやったり、代わりにやってあげたりはヴォクは絶対にしない。宿題代行屋を営んでいるわけじゃないから。

課題を家で自分ひとりでやること。

○つけや解きなおしを自分ひとりでやること。

わからないところを自分ひとりで発見して、?のマークをつけること。

やってできないのはまったく恥ずかしいことじゃない。

やって×だらけなのはぜんぜん恥ずべきことなんかじゃない。

本気でやっているなら、それでいいじゃん?

本気で徹底的にやること、ヴォクが望むのはそのことだけだ。

点数なんか何点でも構わない。

偏差値なんかどうでもいい。

自分でやれるんだという思いを持ってほしいから。

ヴォクがどなるのは、自分でできることをやってこなかったときだ。そういうときは、すぐにそのまま帰すか、塾で導入やヒントを聞くこともなくただ自習するかになる。お金の無駄になるからよくない。お金と時間の無駄になってるよ、とその場で子供自身にも伝えている。

セルフラーニングできるようになる、そういう塾をやっている。

いいとかわるいとかじゃない、それは理念の問題だ。

自分でできるようにする、そういうことをウチは大事に考えている。

セルフラーニングのノウハウなんかぜんぜんたまらない。微々たるものだ。

今日も伝える、明日も伝える。直接伝える、彼に伝える、彼女に伝える。