ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

どうでもいい話(97)

自己採点が正確にできるのと成績は比例する。

自己採点が正確にできるようにするには注意力を鍛えねばならない。自分で自分の答案を客観的に見られるようにならねばならない。模試の日は受験生全員に自己採点と報告をしてもらっているが、成績上位者になればなるほど本採点との差異が小さい。

「大体何点です。」なんてのは自己採点のうちに入らない。却下。

もちろん最上位者になると×が少ないからズレにくいというのもあるだろう。

ケアレスミスがないというのもある。

何を書いたか覚えていないのは解き方自体に解決すべき問題がある。試験を勘で解いている。

採点中に差異点に注意する力は問題を解決する力とつながっているんじゃないか。

自己採点の意味は、自分で採点することである。

これがうまくなるには普段学校の授業を受けているときから、自己を正確に見つめる訓練が必要である。

間違いから目を背けていてはもったいない。そこがあなたの成長点なのだから。

((英才先生の)「自己採点」に影響されて)