ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

どうでもいい話(134)

どうでもいい話。

予習するのと成績は比例する。

高校の履修内容は中学の6倍くらいの分量になる。

全部が全部難しいわけではないが、多い。

だから言われてから復習するのでは、追いつくのがやっと。

授業を生かす、自分に役立てる、そう考えるなら予習するしかない。

自分に何がわからないのか、そこのところを明確にしておこう。

教科書を予習する、あらかじめ文章を読んでおく、数学を解いておく、物理の練習問題を解いておく、英文の不可解な文章をマークしておく、国語の不明瞭な箇所をチェックしておく。

準備すること、整えること、予習すること、たったそれだけのことで授業の役立ち度が3倍にも6倍にもなるだろう。