ヒカリブログ

上尾市にある学習塾光塾

国語力

高校の頃の同期にどうしても一人だけ国語の試験でかなわない子がいた。ヴォクは現代文の参考書は書店にあるものは読み尽くしていた(立ち読みだけど)し、古文漢文の知識も充分にあった。新釈現代文を読んで根拠のない自信もあった。それなのに、彼にかなわない。彼は全国模試でも国語が上位者リストの常連だった。ヴォクは載ったり載らなかったり。

Tくんに聞いた。彼は不眠症だからといい毎晩3冊くらいの本を読んでいると言った。勉強のあとに。

勝てない理由がわかった。勝てるわけがなかった。ヴォクはアルバイトと勉強と部活しかしていなかった。それからは彼に、またいい本あった?と聞くようになった。せめて彼がよかったという本だけは真似して読んだ。(人真似で本を読むいやな癖はこのときについた。)

受験国語の力をつける方法とかはいくつかあると思うが、テクニックの中にそれはないと知った。