ヴォク、頂き物の御礼がしたくて。

最近、頂き物をたくさんした。

いい香りのするお花、かわいいタオル、絶版の参考書、はじめてのコーヒー、桜のキーホルダー、手作りのお菓子。

感謝の言葉が見つからない。

塾生になら授業でなにかできるかもしれない。

でも、卒業生となると、お返しをせねばならない。

道をスタスタと歩いていたらたまたまコーヒー屋を通り、たまたま棚がきれいだなとぼーと眺めていたらstainless steel dripperというものが目に入った。

たまたま手にとってじーと眺めていると「本日のコーヒーをお持ちしてもよろしいですか」とバリスタさんの声。

「いいんですか!?いただ、いただきます。」

うまいついでにステンレス製のドリッパーについてあれこれ話を聞いた。

なんだかフィルターがいらなくて金(きん)がマイルドという感じだった。

説明の言葉に窮す(る)がお茶の急須の珈琲版と言えば言えようか。

最近はTSUTAYAと一体化した珈琲屋ばかりだったからか、今日までこんなのがあるだなんてまったく気がつかなかった。ああ。

かえって早速、淹れる。

うまい。

うーん、こんなものが存在していただなんて、いただー。

紙のフィルターなしにうまいコーヒーができるのかー。どうして酸味がとれるのか。

それがなぞだ。

むむー。重度のフィルチャー・ギャップ。(あー、それカルチャーね。)

これを持ってお邪魔できたらいいのだけれど。

(それにしてもソファージャンプはぜったいよくなかった。大々大反省。)

ほなね。(いや、その前にホワイトデーはいつ渡すの?)

image-00250324232714.png

image-00250325010549.png