ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

体力と気力の限界です。

ある食べ放題のピザ屋。

イタリアン好きで9/16に誕生日をむかえる妹を連れてゆきたい店ナンバーワン。

「まだまだ行きます!」というカードと「ちょっと休憩」のカードがありそのカードを見て店員さんがピザを運んだりストップさせたりする。「まだまだ」カードをおいたままにしていたら5分おきくらいで20周、30周とピザが運ばれてくる。味は10種類あり30周なら3カットずついただくことになる。ヴォクはいつもノンストップ。

半分の連絡帳に実験的に追加してみた。

週課題の量、「まだまだ行けます!」 「体力と気力の限界です。」など。子どもがカードを出せる。

受験校が決まっている場合に必要な演習量はある程度決まっていてそれよりも多め多めでやるばかりなので実際に、限界札を見たからと言って課題を減らすということはない。限界は千代の富士と同じで引退につながる。

それよりは目標達成へ向けた実行のためまだまだできる部分を探す一助とできたらいい。

今週は2週目。

どんなカードがあるだろう。

このカード、スキップやパスは2枚まで。ワイルド(ワイルドにさばくこと、こたえを写しただけなど)は1枚まで。

スキップやパスするくらいならはじめから引退した方がいい。