ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

生徒個人別ファイルはつかわない?

点数や通知評などの客観資料は個人別ファイルやフォルダでは管理していない(普通個人別にファイルするのが業界の常識だが)。

かわりに全員分ひとつの小さな革のエルメスの手帳に書き込んでいる(ダンヒルでなくてごめんなさい→だれに?全日本3人のせるふ中毒者の視線を過剰に意識しながら)。

個人別ファイルにいれてしまうとファイルから出さないと見られないが、テレビドラマの電車男で一躍も二躍も有名になったエルメスの手帳に書いてあれば週1回くらいはなんだかんだでペラペラとことあるごとにみることになるから。革がすきなんだ。だって気持ちがいいじゃん?

萌え~じゃん!!(電車男?)

プリント作成や予習をしながら当日来る子の前回の点数や順位をぼーっと眺めたりしている。前回の反省を踏まえながら授業や家庭学習課題の科目間配分を変えたりできる。

定期試験の点数はパソコンに入力して個人別推移や塾内教科別平均点の分析につかっている。全国模試の点数も打ち込んで管理している。前回の北辰では新中3も新中2も塾内偏差値平均60を超えてスタートが切れた。次は…

社会・理科は何でも一冊に書き込んだり張り付けたりしていくように子供たちにつたえている。まとめノートやまとめ本に間違ったことを書き込むとよい。すると復習のたびに何回もなんかいも目に入れられる。

ぼくもすべての情報を手帳に書き込んで集めている。パソコンデータで見るのもよいが子供の直筆で書かれた目標点や数字を見るのは楽しいものだ。

そんなわけで、個人別ファイルを使いません。やっぱ革の手触りじゃん!!(そっちかよ!!みたいな感じでおおげさにズコッ~~)

ほなね、すた、すた、・・・にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ←クリック感謝祭スタアト&スタミナ丼。