セルフラーニング ヒカリ

上尾市桶川市にある学習塾,光塾のブログ

後期(埼玉県公立高校)の対策の進め方

前期が終わりリセット完了。

ここからが集大成となる。中3はずっとここを目標に過ごして来た。現行の入試制度ではここが本番である。間違いない。

前期はおまけにすぎない。ユボール指導員は前期は受けてすらいなかった。

さて、対策だが、すでに傾向を知りつくしており過去問や対策問を解き終わっている場合には、あとはまた全国の入試問題から良質のものを解きまくりながらまとめてゆく。直前期は難しいことを考えず解きながら考える、解きながらまとめる、解きながら覚える。

これがよい。やみくもになんでもかんでもやらなくてもよい。解くと課題が自ずと見える。それを気のすむまでまとめてゆくのがよい。

できなかった問題は気になるから覚えるという人間の脳の性質を利用していこうね。

解くという時間を増やしてみるとよい。高校入試まであと少し、体調管理に気を配り手洗いうがいをして、解いてゆこうね。