ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

新幹線ひかり号のスピードで計算する問題集

スピードは価値である。
サッカーや野球やテニス、スポーツでは当然だが受験でもスピードがないとまず苦戦することは間違いない。
大学入試センター試験などは問題が簡単なのだからスピードコンテストの要素が大きい。
そこで、『合格る計算』、『速読英単語』、『読み解き古文単語』などのスピードをつける書物の出番となる。
改訂された『合格る計算』(以下「うかる」)はさらによいものになっている。
とくに数学Ⅲはカードまでついている。
反応速度を上げるにはパターン化するという方法がある。
目には目を、パターン問題にはパターンをというわけだ。
スピードが意味をなさない領域は筆記試験ではなかなか考えにくいが、あるとしたらなんだろう。
ほなね。