上尾市にある学習塾|光塾

2023年度 第7回(12月)北辰テスト が返却。学習塾 上尾市 光 /「を・に」と対象化することの文法。

さぁー。(なに?)

国語大問3 古文 『宇治拾遺物語』のかなり有名な出典。改変あり。注多め。

 

(文法1) 謙譲語補助動詞「たてまつる」丁寧語補助動詞「さぶらふ」をチェックする。

尊敬語は筆者から動作の為し手への敬意。話題にいる主語の人(〜が)への敬意。

謙譲語は筆者から動作の受け手への敬意。話題にいる目的語(〜を、〜に、〜と)の人への敬意。

丁寧語は筆者(会話文中では話し手)から読者(聞き手)への敬意。場にいる相手の人への敬意。

敬語を3つ連ねるときは謙→尊→丁の順となる。

(ところで古文に敬語が地の文で出てくるのってどうしてなのかな?それはひょっとして古文が筆者のしゃべっていることばだとしたらとっても自然に感じられる。古文はしゃべっていることばを誰かが必死になって写し手書きしたものであってしゃべっている(その)まんまの言葉がそこにあるんだって想像してみる。例えば、「コーチえのもとがお話しをされて、」というように話者が敬語を用いているのだと考えてみるのはどうかな。)

 

(文法2) ・「つ/ぬ + 推量系助動詞」は 「きっと〜だろう」と訳すというのはよくある間違い。「つらん」 はそうなることもあるがそれだけではない。

・「つらん」は「つ」が完了で「らむ」が現在のことに関する推量だから「〜してしまっただろう」もよくある。まとめると、「つ・ぬ 」+「らむ ・めり・なり・らし」は、「タ・テシマッタ」+現在のことに関する推量もよくある。

・「〜なりけり」の「なり」は断定。伝聞推定「なり」は助動詞群で下に来ることからもわかる。

 

(文法3) ・接続助詞の「に」(=「を」)は順接も逆接もある。偶然接続もある。後を読むまで訳は決まらない。「体言+に」が「〜する」につながるなら格助詞の「に」。そうでなければ「用言+に」で接続助詞の「に」。「〜すると、ところ、ところが(偶然接続)、ので、(順接)、が、けれども、のに(逆接)」と訳す。(というような、教科書や学校で教わらないことは授業とプリントで正確に可能性を伝えている。教科書や参考書に書いてあることはよく見てよく考えておくように伝えている。)

 

・便宜上最初は訳を伝え文類や品詞を伝える。そして慣れて来たら本当の読み方にぐっとまとめていく。

 

・実は私は、「〜を」 「〜に」をそのような訳にはめて読むような仕方はしていない。それでは外国語を翻訳しているみたいな外からの捉え方までいったん客体化しすぎている。「〜を」は 「〜を」のままに 「〜に」は 「〜に」のままにマークもつけずに読んでいる。塾生にはじめに教えることは型であって分類であるがそれは最初のやり方をとりあえずマスターするためであって掴んできたらでもそんな分類はいるのかな?という問題提議をする。

 

・ 英文、現代文、古文で「対象化」を伝え「客体化」を伝えた後に「〜を」は 「〜を自分の正面において見えるようにする」 (授業のときはある動きを目の前でする)という「を」本来の意味にまでさかのぼっていけたら古文が読めるようになる。

いわば分類をこえたところに真の読みがある。

 

・同じく 「〜に」は 「〜に対して」と読む。(授業のときはある動きを目の前でする)これができるようになると線を引いたりしなくても古文のままに古文が読めるようになっていく。

 

・「ば・ど・に・を・が」を句点に変え「て・して・で・つつ・ながら」を読点に変えるような機械的な読みはあくまで古文読解のはじめの一歩であって古文の読みの全部ではまったくない。

線を引きながら分析するのは複雑な文を読むとき白紙にして考えてみたいときだけでよく、本来は句読点をいれなくとも1000年前の日本人がしていたのと同じような読み方に近づいていくことができる。

 

・分類は文法の道具だが分類自体が目的化するのはよくない。文法をつかって文法の先にある対象自体にもっと密着したい。読みにはミクロとマクロがあってマクロは外との関係で意味を掴む方法、マクロは「を」のハタラキ自体に密着するような仕方である。その両方を同時並行で行うのが真の読解に他ならず現代文や外国語を読むときに私たちはそのような言ったり来たり立ち止まったり戻ったり先にジャンプしたりしながら読みをつくってゆくものだ。

 

(古文常識) 山と言えば比叡山(高いこぶが2つの山)。花といえば桜。本文は普甲山。

強い人は、強い人を知るという話。

「武士一騎」は「騎馬戦」の「騎」で考え、馬一頭と人のセット。

古文は平安時代などの京都 > 田舎などの差別の多かった時代の話。現代事情に即しては読み取れない内容。「人」と「方」は「方」の方が人間を上に見ているというような常識はないよりはあった方がよい。

 

(古文読解) ・動詞が意味を決める。「咎む」は「SがOを咎む」だから、白髪の武士が無礼にも馬から降りないことを、SがO(=この翁)を咎む」と読める。主語が書かれない場合は自分で補う。古文の格助詞の「が」と「を」と「は」は書かれないことが多い(→一語の助詞は書かれない)から必要に応じて補う。「に」は省かない。(「田舎者であって礼儀などの詳しいことを知らない」と注があることはダメ押しのヒントとしてつけてある。したがって高校入試の古文読解がいつもそうであるように、現代文の読解と解き方と大きく変わらないように作問してある。濁点も句読点も鍵かっこもあり漢字もいっぱい書いてある。)

 

・「Sが」→とがむ という述語に着地して、

「Oを」が→とがむ という述語に着地するという部分がわかったら古文の読解のほぼすべては完了する。

意味がわかりにくく説明を自分でしたい場合には、述語を手がかりにして格助詞の部分を足して埋めていくとよい。

 

問1 主語の把握。前回書いたが、「を」「に」「ば」「ど」「が」で主語が変わるというルールはない。迷信。本文でも同様。そのことを例示したい例解したいと訴えるかのような良問。(※) 「接続助詞「て」「で」の前後では通常主語が変わらない」と同じくらいの感覚で「ばどにをが」の前後では通常主語が変わるのだという迷信がどうやらあるようだ。全部×で、正しくは、

「て、で」の上に時制はなくまだ下と意味上つながっている、一連の述語をつくっていく途中、切ってはならない。

「用言+ば/ど/に/を/が/ほどになどの時の言葉」で意味がまとまったので、下のもうひとつの述語にかかっていく。

・どうまとまったのかと言えば、それが「を」と「に」で先に書いたようなことだ。

・この「を」と「に」は対象化するということを身体で覚えたい。教室で伝える読みはそこにある。


国語大問4 作文 資料の項目名は要約して書く。(前回まで同様のポイント)「要約は東大現代文でも毎年必ず出題されてきたことからも感じられるように読解で大事な意味をもつことである。そこを」含めているのが県の入試問題である。

いま口語で書いたのを古文で「〜しを」などとたしかに覚えていることを示す助動詞「し」をつかって過去と現在の対比で書く。

 

さー。

学校選択問題 数学 文字が読みやすい。

大問4では、図形的に解くだけでなく座標を文字でおいて計算する方をまた問うている。1/2a差差差のような一発公式が通用しないという意味での良問。

大問5(2)②に来た時点で時間が10分以上あったかどうかがポイント。10分なかった場合は解答速度をアップさせる必要があるだろう。

最終問題、大問5(2)②は相似でなく中2までの分野からの出題。超良問。知識でなく手と頭で考える。初等幾何に向き合っていたかを問うている。大問4(3)同様に、「定量化、定式化」という中学数学最大の山場の技術を真正面から問うている。この会場模試は本当の数学力を測る良問になっている。

 

学校選択問題 英語 文字が読みやすい。この会場模試は本当の英語力を問う良問。長い文を読み長い文を書いたり聴いたりする実戦的な総合問題になっている。細かい記述式でしか尋ねられない本当の英語力を問うものになっている。


大問3 1パラグラフ。情報→逆接→主張。副詞 however にしるし。テーマ提示とメッセージ提示。
3パラグラフ remind A of B. inform A of B 同様、about の意味の of を含む句動詞「BについてAにVする」。even は逆接を含む。普通は水を飲んで人は死なない。しかし汚い水を飲んで人が死んでいる。
追加のマーカー another にしるし。
6パラグラフ another にしるし。for example の後が具体例(せまいこと)。前が抽象(ひろいこと)。opposite にしるし。一部が同じで一部が変わる。水が同じで少ないと多いが反対。

大問4 作文は下書き欄の形で練習するとよい。50語程度とあるので40語以上必ず書いて最後の一行に5、6語までなら書いてよい。できるなら55字書く。

 

写真は光塾生全員の平均。

受験した会場模試の結果の写真。

数字を公開できるような指導、授業を私は行っています。

全県得点平均というのはこの会場模擬試験を受験した全受験者の平均点。たとえば英語では全受験者平均が28.0点というように読める。

f:id:ageohikari:20240102192857j:image

(数字は最も説得力のある具体化(←ブログ読解・論述主義。広告10000枚まくより1回の数字公表に説得力がある、読むかたが読めば。)

 

(※1)「ば、ど、に、を、がでドン!」などと書いてある参考書問題集の書籍は面白くて大好き。

可能性を読みに入れるのは時間の限られる現場では有効なことと思う。活用語+ば/ど/に/を/が/時の語句までの述語のまとまりを掴むのは係り受けを掴むのにもつながり、有効だ。

(※2)和歌の中には「活用語+が」は出てこない。

(※3)接続助詞「て」「で」の前後では通常主語が変わらない。

 

(プラス) 文末や。 は文中「や」より難しくなる。

うらめしや。

疑問33 反語33 詠嘆33で考える.残り1パーもとより感覚的な数字なりければよき(ところ/の)におかむ。確率より自分の頭にてぞ。

 

(反対に、ダチョウ倶楽部のいきなり「やー」はどうしよう。

卓球の愛ちゃんのいきなり「さー」みたいなもので文末 や とは だいぶ違う。)