ヒカリブログ

上尾市にある学習塾光塾

中3, 公立高校入試, 仕上げ

埼玉県の公立高校入試数学では昨年度難問が出題されていた。

前期で受験者200人中1人も正解者のなかったもの、後期で100人中1〜2人しか正解者のなかった問題の出題が見られた。

対策としては2つの方法が考えられる。ひとつは難問を見極めPassするというもの。

もうひとつは数学の練習を多めに行って、そういった難問題でさえ本番でもとりにいくというもの。

戦術は一人ひとり違ってくるだろう。入試は合計点の勝負である。自分がどの科目の仕上げに時間をつかった方が合計点の期待値が高まるのか、そういうことを考えながら各自、最後の調整に入っている。

仕上げるべきテーマは多くない。丁寧に仕上げてゆく。

本番で自分の解答がつくれるように。

ソース、関連

http://www.center.spec.ed.jp/?page_id=432