ヒカリブログ

上尾市にある学習塾光塾

55の七つ道具(その8)

でね、ヴォクの7つ道具の8つ目は、筆箱。ヲタ属性は、カンカン。

基本的に筆箱は3つだけ使用している。

もうひとつは、54番目と55番目の最終記事のときに書こう。

ヴォクの仕事の場合には、筆箱に際していくつか条件がある。

1、ナカミとりわけシャーペンの先が折れない心をもっていること。

  最近は、ペン先が収納できる(かなり)高度なシャーペンも出ているが、KURUTOGAやエススリーはその限りではない。

  そこで、ペン先が守れるものが必要。

2、済印、合格スタンプ含め、十分な量を収納すること。

  でかくないといけない。最低でも相撲界で言うところの舞の海のボディーくらいは必要。

3、とりだし口がでかいこと、あるいは、ナカミがどこにいったか見えるように、全体が透明でもいい。

  カバのように大きい口をもっていなければヴォクのペンケースはつとまらない。

というわけで、下の画像の左です。

キー坊のファンなのだろうか、KEYという文字が書かれており、

「中にはシャーペン、赤ペンほかいろいろの文具が特別に混合されています」というようなカナ文字が書かれている。

スペシャルって!

めっさ、ハイソ!

hudebako.JPG