ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

基本の1冊

最近は新しい問題作成ソフトや過去問ライブラリなどをいくつか入手できたのでチョコマカとつくってみた。

ちょっとさわっているとあっという間に5、6時間が過ぎる。

これはつくってみようか。これは揃えておこうか。これは使えるかな…。

でもこんなに沢山あっても到底使いきれないし、本を徹底的にやったほうがはやいかもしれない。

よいとおもったものをやり切るほうがいいのかもしれないな。

この5、6時間で色々いじるよりむしろ入試問題を何題か解いた方がよほど頭にはよかった。まぁでもそれがわかっただけでもよしとしよう。

問題集だって同じかも。あれもやりたい、これもやりたいと、手を広げたくなるが、その前に基本の1冊は100パーセント吸収したのだろうか。

新しいのにとびつくのもいいが、基本の1冊に帰ることも大事なんじゃないかな~って。

類題を探すのも面倒くさいし無駄な時間がかかるものだ。

だから目の前にある問題で今練習して仕上げた方がいい。

基本にこそじっくり時間をかけるのがいい。