ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

模試・近づいてきた(題はどパクリ×2)

みなさんが書かれている。模試。近づいてきた。

いよいよくる。中学受験生は先週日曜日に受けた。高校生は5月に全国模試。中学新1年生と中学3年生は今度の日曜日にくる(北辰)。クル来るくる。

中3はこれから毎月のように受けながらつよくなっていく。

過去問なんかをやってもまだ自分が不完全なことに気がつくだけだ。それでも模試を受ける。完全な状態になってから受けようかなんて考えていたらいつまでたっても完全なんかこない。入学試験当日においてさえ、ひとは完全な状態で試験に臨むことなんてできないのである。

あの田中将大・大投手(エース格の格ってなに?ノムさん)でさえ、今季開幕から3試合で10本のヒットくらいは打たれている。それでも150キロの渾身のまっすぐでメジャー帰りの化け物井口をおさえた。あの打たれながらつよくなってきた田中投手をぼくらも見習えるのではないか。

偏差値は狙ってる(ヴォクの目標は、全員5科偏差値60以上、ヒカリっ子平均偏差値5科65以上)。でも分野によってとれたりとれなかったりはまだあるだろう。

それでもベストを尽くして準備をして、試合に臨む、それでいい。

試験本番で戦いながらつよくなれる。

制限時間、読解力、少ない知識で頭をグリグリ回す、ピンチの戦い方、自分の頭を最後のさいごまで使いながら、自分の力をそのまま出す練習。自分の球を投げる。

模試を受けることは必ずや力になる(係り結びの係助詞「や」をむやみに使いながら)。

あっ、でも、全力で(放置しながら)理科・社会の総復習をやってきたのだから、結果もほしいけど(本音)。全員が結果を出す。

ほなね。

すた、すた、…スターダストメモリー