ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

ヒカリジム

080809_2057~01.JPGヒカリっ子たちがボキャビルもがんばってる。

速読・速聴英単語は週100語ペース暗記の子が多い。多過ぎることもなく少な過ぎることもなく、まぁ、これくらいかなぁと思う。中学範囲の1000語は2、3か月で覚え終わる。単語を覚えるとはそういうことだ。

川で言えば水にあたるのが単語。水を見れば川がわかる。

同じように、英単語がわかれば英文が大体わかる。

だから先に単語だけストックしておくと英語に抵抗がなくなる。

これがボキャビルの理由だ。

ただ、受験生はその三倍くらいのペースになってる。受験生だけは単語川の流れをいささか速く設定してる。

写真は非受験生の今日の単語テスト。9割超えてるから次の100語へそのまま進む。塾でやるのは音読。英単語が正確に読めるか、全100語をぼくの目の前耳の前で言ってもらっている。だって読めないもんは覚えにくいじゃん。

きちんと読める状態(発音記号も)になったら、自宅でセルフラーニングし、1週後に試験を受ける。そういうやり方でボキャビルに取り組んでいる。ジムと違うのは練習するのが家って点かな。

以上、ヒカリジムだよりでした。