ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

質問をわざわざ見つけ出してくれて

今日は珍しく質問と質問メエルの多い日だ。みんな無理矢理がんばって質問を探し出してくれたのかな。

高校生が質問してくれた3の倍数でない2数の積の問題。解答例はそれとしてわかるが、自分なりに考えた解決方法の方は正しいのかどうかというもの。

普通、問題集には(『やさしい理系数学』通称やさ理のようなゴイスな本は別として)解法は1つしか載っていない。整数を3で割ったときの余りが0か1か2かにより分けて考えるのがド定番となる。もしも違う考え方でせめたとしてしかも答えが○なら、激しく気になるものだ、自分流解法の真偽が。難しくおもしろい解法だった。途中に同値性が崩れる部分のあることを指摘してみた。

今日の中3生が聞いてくれた化学の問題。水溶液に電流が流れるのはどれか。またその理由はどれか。深いよ~。イオンが深すぎておぼれそうだよ。

今日の高1生が質問してくれた2次関数の最大・最小の問題。

定義域の範囲(a以上a+1以下)が動くときの最大値と最小値の問題。これを独学で理解するのは(普通なら)2~3か月はかかるかもしれない。本質(そもそもなぜ場合分けなんてするのか?)はそう簡単なものではない。なるほど、解法を暗記して点をとることだけならできるだろう。

場合分けは最大値が3通り、最小値が3通りなのは昔むかしあるところにヴォクのおじいちゃんが漁師をしていた時から決まっている。問題は納得してつかっているか、そこにある。この子はそれを聞いてきた。するど~~~ぃ。

今日の高1生が聞いてきた集合の問題。難しい。こんなパズルを解けるだなんて楽しすぎる。いろんな解法が考えられる。

このパズルの続きとメエルの新着問題はこれから解こう。たのしいなぁ(感謝)嗚呼。

ほなね、すた、すた、・・・

Pomera, are you ready?ポメラの画面の見易さ、目に優しいなぁ。

pomeranian.JPG

ポメラ,Pomera,ポメラニアンに関するブログ記事:

http://06020596.at.webry.info/201006/article_35.html