ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

自分の手で船をこぐ。

ブログ「名もなき詩」のlionさんの書かれていた逆算思考の御記事「生徒に合わせない」。激しく同意です。

子どもに合わせよう?目標のない子の何に合わせたらよいのでしょう。

私も目標に合わせます。志望校があるのならそれから逆算します。入試で取らなければならない最低点以上をとることから逆算します。

ヴォクは子どもたちの誰の何にも合わせません。配点を見て過去問を研究して、できるかぎり合格の可能性が高くなるように、練習してゆく、そういう考え方ですすめています。

自学やセルフラーニング自体も目的化しません。力をつける戦略のひとつとして自分で学ぶという方式を採っています。戦術は目標に従います。目標はやはり合格にあり、結果の獲得にあるのだろうと考えます。受験生の授業では入試を前提にすべてを組み立てています。

学校の通知票をよくしたい。

偏差値を上げたい。

定期試験で点をとりたい。

英語がうまくなりたい。

数学を習いたい。

入試で点をとりたい。

わからない問題を質問したい。

子どもたちそれぞれに目的は違うかもしれませんが、私は受験に合わせた進学塾をやっています。