ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

2部の練習メニュー

たとえばスタ演を5回転解く。

この場合は、5回×250問の1000問練習となる。

高2の4月から高3の12月までの21か月×30日で、630日あるので、1日にたった2問解くだけでお釣が来るという計算になる。

かくしてセルフラーニング式で250問の問題集を5周するのには、高々毎日2問で十分という結論になる。

これを日割計画法という(詠み人知らず)。

ただし、一番の克服すべき課題とは、本当に毎日やれるかの1点に存する。

2問なら集中したら1日30分だ。毎日30分続けることがどれだけ大きな成果につながることか!

成功したければ毎日それを続けるのがいい。そうさ、サミーソーサ、部活に入ったと思えばいい。

たとえば~♪(BGMはB'zで)

数学2部~♪

活動内容は、毎日2問数学の問題を解くというもの。活動場所は自宅もしくは好きな場所、図書館、自習室、サ店、カレー屋など。時折、模試という名の大会がある。

2年間続けるかもしくは毎日練習し過ぎると1000問が終わり、1部メジャー昇格となる。

メジャーでは1日1問となり、少なくても高度な練習となる…、みたいな。