ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

新年度教材(2)~高校数学のノート~

091227_1617~01.JPG数研のノート。 いわゆる黄茶(黄色チャート)や青茶に対応している。 はじめから問題が印字されているので、学生はただ書き込みながら勉強したらいい。 少しコストはかかるが、めっさ使いやすくて気に入っている。 今日の中学生はケーリー・ハミルトンの定理のところを楽しそうに解いていた。 来年も、数研がメイン図書の子にはこのノートを渡したい。