上尾市にある学習塾 セルフラーニング光塾

浦和 大宮 浦和第一女子 東大京大進学指導. 小学生, 中学生, 高校生のための私塾. 難関校進学の夢をあきらめないあなたをサポートします. 無学年式でいまの位置と志望校の入試をクリアする2地点をスロープ状階段状につなぐカリキュラムを利用して、セルフラーニングで勉強を進める個別指導学習塾 光塾は, 上尾市内の, 桶川市との境めにあります。

上尾市 桶川市 個別指導 学習塾 セルフラーニング光塾

テストの答えは誰に対しての答えか

小5生。

英語の作文テストをした。

問題(1週間前に配布していた)「あなたはなぜここに来たの?」

解答(1週間前に配布していた)"Why do you come here?"

その新入のヒカリっ子はテストでバシッと

"Why do you come here?"

と答案用紙に書き、他の14問も解答と同じ英文を書き、また満点をとっていた。

また満点おお合格だね、と僕が言うと、先生、Why do you come here?のdoなんですけど…。

あっ、さすが。気付いてた?

僕:「本当は来ただから、過去形のdidだね。」

その子は英語上、正しいのはdidと知りながら、あえてテストの答案用紙にはdoと書いたのだ。

僕が事前に渡した解答例がそれだったからという理由で。

テストで点をとるとはそういうことだ。授業のノートや渡されたプリントは出題者の意図だから、それを汲んで書くのがテストというものだ。テストというものは人間がつくるので、極めて人間的なものなのだ。