上尾市学習塾 ヒカリブログ

上尾市にある学習塾光塾のブログ

クイック学習法

あ、あ~、本日は晴天なり、コロ助なり。

クイック学習。

エク・エク(ブリグリっぽく)。

エクセレントエクセラー略してエクエク。

クイック学習にエクセルなり。

919。クイック。

(無駄に長いマイクテスト完了)

さぁ~!(卓球の愛ちゃんで)

今日は919塾の日ですね!(そっ、そうですか)

ついに来ましたね!(まぁ、そうですね)

9、1、9は全部足したら~?

塾なんです。(を!)

最近はパソコンを自学に取り入れてる子が多いのだ。くわぁ~かっかっか(なんとなく筋肉マンの悪魔将軍の断定口調で)。

去年は英語の一問一答が完成した年だった。英語は最初の一年間が大事(あとからでもやれるけど苦労しちゃう)。そこを導入する英語のソフトなのだ。くわぁ~。

今年は理科・社会。己がいまつくっているエクセル一問一答。

中学受験の理科・社会、高校受験の歴史・地理・公民の独学できるやつはどこにも売ってない。だからベタうち。独学できる教科書がない?それはそうだ。

教科書は学校の授業で色をつけられるように無色透明だから。

わかりやすいものってのは一本筋があってもうイメージがバシッと決まってる本だ。強引な論理についていけばわかった気になれる。

己がつくっているのは、入試問題からの一問一答自学形式なので、入試問題という色がついている。これを教科書レベルの易から難へと並べてゆく。

一番の述語が二番の主語になり、二番の述語が三番の主語になるように連想式に並べてゆく。連想記憶術ですがなにか?(突然おぎやはぎで)

ペタペタとベタうちしてゆく。入試問題研究(銀本や電話帳研究)を兼ねられて勉強になる。夜の顔はペタジーニなのだ。

さらに過去問をやった後に自分が間違えた問題を追加してゆける仕様にした。無限に。パソコンが人間よりすぐれた点はメモリー機能と検索機能と並び替え機能だかんね。何回でもシャッフルして自問自答できる。このシャッフル学習法はなにがいつ出るかわからない試験に対抗するツオイ記憶のために有効だ。何回でも繰り返して100パーセントになるまで繰り返していける。

さらに、エクセルソフトなら携帯電話でも開いて勉強できる。ネット制限をつけた子供の携帯でもエクセルやゲームは無料・無害なので開いて勉強できる。まぁDSと同じだ。Web2.0時代には携帯がはやるが携帯でつかえるのはネットだけじゃなく、アプリのほうだ。あのマリアン女史でも携帯でゲームをなさるらしい。ボンバ(バキューン。しかも儀式って!儀式って(ど白目で)!ゲームはコーヒーかっ。

これからの携帯電話にはhtmlブラウザ機能と、エクセルワードアプリのついたものがはやるだろうね。PDAは携帯に吸収されちゃうのかな。己のクリエはそろそろ限界だ。ボタンが戻らない。65000円かえしてくれ~(せこっ、マラソン走ってて)。

こないだは秋葉原で珍しいソフトを見つけた。でもあれはインストールが大変だからかわないっ(せこっ、つるぴかはげまるかっ)。

そんなわけで(どういうわけで)、エクセルの一問一答にハマっている(キョトーンと)。