上尾市学習塾 ヒカリブログ

上尾市にある学習塾光塾のブログ

イヌ型勉強とネコ型勉強(1)

タコ焼きづくりに熱中のあまり子供からきた質問メールを精度よくスルーパスしていたヴォクです。皆さんいかがお過ごしですか。

さて、あなたはイヌですか、ネコですか、イヌの人はニャーといい、ネコの人はワンと言ってね(ややこしいからっ)。

あっ、ヴォクはネコが好き。鼻がなくて目がまるいし、身体が細いから(ヒカリくんの好みは聞いてないからッ)。

イヌやオオカミは長期間獲物を追い続け、相手が疲れたところでみんなでおそいかかる。(漫画流れ星銀やウィードを見たらわかる。)イヌは長距離型。獲物が見えないうちから優れた嗅覚をつかって獲物を追うんだっ。

ネコやライオンはえものにそっと近寄り一気に襲いかかる。大きくジャンプしてとびかかれるように背骨はしなやかに曲がるよね。ヒョウなんかも、木の上でえものを待ち伏せしてヒョウっととびかかるよね(ヒョウなだけに)。ネコは獲物が見えてから戦うんだ。ドラえもんもその場しのぎの道具を出しまくりのび太をだめにするよね。ネコは短距離型。

でね、あなたは試験が見えてから(範囲票が出てから)追うのか、それとも~、試験が見えないうちから(むぁいにち、むぁいにち鉄板の上で)追うのか、それは~、じ・ゆ・~~だ~~~(右の拳をヤヤヤのチァゲアスみたいに突き上げながら絶叫)。

試験イズフリーダム。

まぁよろしい。

ネコ型の人はイヌ型を意識すれば計画的になり学習の幅が広がるし、イヌ型の人はネコ型を見習えば試験前のつめが甘くなくなりダメ押しもうまくなる。

イヌネコになろう。

でもね、こと定期試験の勉強に限れば、イヌ型が勝つから。

勝つのは超イヌだよ。

タコ焼きをイメージしてほしい。

外はカリッとしていて真ん丸で、中はトロっトロ~。

何回もなんかいもクルクルとひっくり返すことで真ん丸に近付いたそれの姿。あの理想のタコ焼き、京たこ。あれは長い時間かけて焼きあげるから真ん丸なんだよね。どこから見ても○くて丸くて二重まるくて、むしろ100て~んと言いたくなるよね(ポチッとなっ、と100円払いながら)。

勉強だってそう。何回もなんかいもナンカイも見直すことでどんどんドンドン真ん丸にちかづいていけるんだ。

あっちが□ならまた○にして、そっちが△ならまた○にして、こっちが☆ならまた○にして、またよろこばしからずや。

ほなね、うぉ~~~ん(長い遠吠えで)。