ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

たいせつにするもの(2)

私立中か公立中かよく聞かれる。選べるならすきな方にいけばよいと思う。学力の問題より私立はお金がかかる。公立じゃないからただじゃない。

私立に行くなら学校を利用し尽くす覚悟で。学校を自分のために利用する覚悟で。私立の教員も必死だ。学習環境はよい。それを利用し尽くす希望があるのなら私立がよいだろう。夢の実現のために近道だと確信するのならばとめるべき理由はない。

公立中・高から医学部や東大への進学が遠回りになるわけではいささかもない。

私立から医学部や東大に有利になる現実はある。それは覚悟をしている子が進んで集まっているからというのもある。そうして学校のレベルが保たれているのが私学だ。学校も教員も子供も努力する人だけが集まる構造になっていると言える。

私立でも公立でも進学したからには本気でがんばればそれが一番だ。私立に行くか公立に行くかそれがたいせつなわけではない。行った学校の授業にくらいつき、子供自身が本気で勉強するか、それがたいせつなのだ。

たいせつにするもの(3)へ続く。

ほなね、すた、すた、・・・スタバにも文庫コーナーができた。