ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

京大合格の三人

うさぎのひとりごとさんのところの、今春の京大合格の三人の御話を知るにつけ、考える積極学習とでもいうべき学習姿勢のことを考えた。

ぼくがかかわったことのある東大・京大合格者の全員を一人ひとり思い浮かべてみても詰め込みの暗記ですすんだ人はいない。部活はバリバリやっている子が多かった。在学高校に関係なく、好きな参考書や授業を楽しむような感じで環境をうまく利用していた子が多かった。もちろんある種の苦しさも短い目で見たら伴うのであろうが、知一般に対して、敬意や興味をもって進んでいる子の顔が思い浮かぶばかりだ。

とくに東大と京大は二次勝負(イコール思考力重視)となるので、センターが9割あるかないかは意外にあまり関係ない。

京大合格の三人の御話の、中学時の成績(学年一位などではなかった!)はとりわけ関心を持ちました。小中学生には、高校に行ってからのことも考えた授業構成をしようと改めて考えるきっかけとなった。