ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

完璧のぺきって書けますか(薔薇って書けますかのCMのように)。

こないだも書いたが、著名な塾ブロガーDr.Neroさんの記事を紹介したい。 http://drnero.jugem.jp/?eid=800 以下は、引用です。 完璧に仕上げること
新・高1生の英語特訓講義。 毎回毎回、膨大な量の暗記を強制させている。 今回も10個の例文に関する問いを「完璧に」答えさせる試験だった。 既に満点近く取る生徒と、3~4割しかとれない生徒に分かれてしまっている。 満点近くとる生徒は、「完璧に」記憶してくる。 だから解くスピードも「速い」。 3~4割しかとれない生徒は、「大体おぼえた」で良しとしているようだ。 「ちゃんと勉強してきたはずなのに、なんで、できないんだろう」 「時間が足りなくて出来なかった…。ちゃんとおぼえてきたのに」 こんなことを言っている生徒は「大体おぼえた」で満足しているのだ。 基礎事項は完璧に憶えなければ全く意味が無い。 そのことを「ゼロ学期」の間に、痛感させなければ…。 ・・・・という記事を書いたのだが、みかみ先生に同じことを先に書かれてしまっていた。
\(゚o゚;)/
引用終わり。 完ぺき主義は勉強ではたいせつ。試験には範囲が存在するのでとくにそうだ。