上尾市予備校 ヒカリブログ

上尾市にある予備校,光塾のブログ

超一流階段の登り方(2)

言われたことができない三流。現実から逃げていてもはじまらない。抜け出すにはどうしたらいいの?

一緒にやるしかない。やり方を示すだけでは三流にはいささかも通用しない。

三流は右から聞いて左に流す。寝る。

課題だって書くくらいではやらない。指示しても伝わらない。電話して確認しても無駄だ。勉強は嫌だからやらなくなっている。

頭が悪いとかそういう問題ではない。学習姿勢の三流。

一緒にやる。暗記するまで目の前にいる。解けるまで目の前で解く。はりつく。家庭教師ではだめだ。冷酷な家庭教師が必要だ。あるいは鬼教官ならちょうどよい。

やるべきことのやり方を行動しながら行動させるしかない。本来は家庭で9歳から12歳くらいまでに小学生のうちに教育できていなければならない。鉄は熱いうちに。できなかったのなら、手遅れ?それはわからない。スクールウォーズみたいな塾があれば中学からでも行かせるしかない。

やるべきことをやるのは一番きついことだ。単調だ。飽きる。楽しくない。ん?楽しくない?

楽しければやるようになる。楽しさを分からせるまでやらせる。無理矢理楽しくさせる。楽しくなるまでやらせる。勉強するとどんないいことが少し見えてくるまでやらせる。根気が必要だ。愛情がないとできない。他人に任せてポンとか塾に任せてポンですむわけがない。

塾はプロでしょう?

勉強のプロと愛情のプロは同じじゃない。

愛をもってやらせるしかない。

(超一流階段の登り方(3)に続く)

塾・家庭教育 -。