セルフラーニング ヒカリ

上尾市桶川市にある学習塾,光塾のブログ

〈雑談〉(かっこ)とキラーブランド。

ぼくは国語がすきだ。

語学としての国語。

哲学としての国語。

思考訓練の場としての国語。

日記みたいな国語。

日本語としての国語。

読書としての国語(アマゾンで通常便で頼んだ15冊の本が一週間してもまだこないことをふと悲しみながら、嗚呼週末の読書生活が台無しだ)。

情報処理科目としての国語。

文体研究としての国語。

思いをつたえる国語。英語の和訳としての国語。

で、本業の、

入試科目としての現代国語。

国語の森のヒサオ′先生が(かっこ)嫌いとははじめて知った。

文章に切れがなくなるかららしい。

ヒサオ′先生の教務内容よりも(それはさることながら)文体が好きでよく読んでいる(てゆうか教務力研鑽のため140以上の教務・受験ブログは毎日目を通しているわけだがとくにという意味ね)ヒサオ′の英語も国語として僕は読んだ。

(かっこ)を使うと切れが減る!

たしかに!それはあるのかな。

ぼくのブログは(かっこ)だらけだから切れがなかったのか!(と半ば納得しつつ。りょぼしいさあさん切れがあるの?→「いぇ、切れがないっすよ」(小力風に))

この、切れってやつとみかみ先生の言うキラーブランドって関係あるのかな。