セルフラーニング ヒカリ

上尾市桶川市にある学習塾,光塾のブログ

中1の2学期中間用、ヒカリ式五か条の誤英文のススメ。

やっべ、まじやっべ(某ヒカリっ子の赤点テストを思いだしあわてながら)。

英語を整理して、ほんとに、たのむ。

中1の2学期英語、運命の分かれ道と以前にかいたよね。

be動詞と一般動詞が混じりあい英語にさようならをいう、そうならナイための

ヒカリ式五か条の誤英文、中12学期英語いくぞ~。

間違いの原因の80%は五か条の中にあるよ。

いくぞ~。

五か条の誤英文第1条、1つの英文には1つの動詞がないとドウシようもないじゃん(ていうか動詞を書かないてどういうこと?むしろどういうこと?逆にヒカリへの嫌がらせ?)。

第2条、1つの動詞って、(1)be動詞(~である)か、(2)一般動詞(~する)だけじゃん、で、どっちつかうの?はっきりして!

第3条、主語の人称・数に合わせて動詞の形って変わるじゃん→(1)be動詞(am/is/are)、(2)一般動詞(主語が私・あなた・複数以外ならplayではなくplays、doではなくdoesだから。

則4、肯定文か否定文か疑問文か、それが大事じゃん、で何文なの?→(2)一般動詞の疑問文・否定文にはdo/doesを使う(ドラえもんとどエスちゃん)。

則5、疑問文の語順はVSじゃん→(1)be動詞+S、(2)do/does+S+原形。

現在形、助動詞以前の英語(上記の5