上尾市学習塾 ヒカリブログ

上尾市にある学習塾光塾のブログ

今日の小学生の英語の辞書 plus 100年使える万年筆

100年使える万年筆、好きな話だ。

それにしても、おもしろい話だ。
plus ある小学生の英語の辞書が毎週会うたびに進化している。
すごい花火になってきている。

f:id:ageohikari:20210114222059j:image

 

plus 今日の小学生英語 英語映画 音楽映画

今日この子ははじめてのshe。

シー。

しー。

sheと聞いてヴォクが紹介する曲はこれに決まっている。

Elvis Costello - She。

こんなにシーな曲はない。

しー。

シー。

しーーーー。

 

plus いちいち覚えてゆくのには限界がありその意味ではとくにラテン語ギリシア語をやってよかったと感じている。

英単語の本で「語源で増やすサイエンス英単語」(ベレ出版)という書物がある。この本は語源の書物のところで、光推薦独学図書リストに載せている。いい本だ。

 

plus 今日の小学生英語映画

はじめてのチュー(キテレツ大百科)じゃなくてはじめての受動態だったので、受動態になると何がどう変わるのかを説明した。

ヒカリの独学指定図書には教科書に書いてあることがすべて書いてあるのでヴォクの説明を付け加える方では本に載っていない重要なことをつけている。解説を付け足すことを解説を加えるとヴォクは言っている。

 

1、トムがこの野球場を訪れた。は訪れるところなのだが、

これが英語で受動態で This baseball stadium was visited by Tom.となれば 「訪れる」(途中)のではなく教科書的に「訪問される」(日本語のれる/られるという助動詞と英語の受動態は違う)のでもなく、1、「主語の状態が終わったという状態まで変化している」ことを示す。「訪問が終わっている」ことを示す。「過去分詞」にはいつだって「終わっている」意味が含まれるんだ。

 

2、「主語の性格づけがされる」場合がある。

 

実は映画俳優トム・クルーズが来たので入場制限を行うなど「このスタジアムの性格が変わっている。」ような意味もある。

それはさておきトム・クルーズの代表作・・・また映画の雑談が続くのであった。(映画英語というより映画について語りたいだけなのではに3000さらに倍ドン。)