ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

学年1位

今回は学年1位取得者が2人増えた。塾生の半数以上が学年一位経験者になった。まだ教科返却中のクラスが多いけれどO中やO中やM中では個票まで返却されていた。

1学年が300人以上いるマンモス中での1位には価値があると思う。マンモス中からは浦和、一女、早本に何名も行く。その中での一位というと進学後のトップクラスをも意味する。将来難関大に進むためには公立中内200分の1にいないといけないということはもう花の匂いに60回くらいは書いた通り。(埼玉県の場合)

ヴォクの通った中学校は前にも書いたけど14クラスあり学年に600人くらいいた。同期に東大は5人いた。そこの学校でもそうなっていたが、マンモスO中でも人数が多いので、80点だいではそれに届かず90点だいか満点での争いになっているようだ。

満点にどれだけ近づけるか、定期試験というのは昔からそういうもんだ。

MGH、おめでとう。

この勢いで本命の模試でもMGHが上がっているとよいなあ。

MGHというのは勉強の位置エネルギーなのでやればやっただけ上がる。

勉強して頭が悪くなるなんて法則はない。