上尾市 桶川市 個別指導 学習塾 セルフラーニング光塾

点描の唄, 試験に速読なんていらない | 学習塾 上尾市 光

でね、文章って一気に読み進められるときと少しずつしか読みたくないときってあるの。

はじめて楽曲を聴くときに聴き流すのが難しくて、もったいないから一時停止さえしたいときがひょっとしてあるように、最初なにいってるかよくわからないところはゆっくり読みたいものだ。

Pである。その理由はP'だからでその方法はP''のようになっている。反対に、/・・・

ここ/まで来た時、・・・はもう読まなくても予想できる。だから倍速で読みたいときがある。

もしもあくまでもしもだがテスト中のように文章を速く読みたい場合はこういうところは速く読める。

時間短縮できる。

反対になんだからPでないにきまってるだろう。それが2値論理学の基本であって対比の世界統一ルールである。火星では反対にのあとが同じPかもしれないけれど地上ではPの反対はPでないことが一般的だ。

試験では論理にかなった文章が選ばれているので予想を裏切らない部分が多く展開されていく。

こういったことはひょっとしたらあまり習うようなことではない常識であって公式ではない。

楽曲のたとえにもどれば自分でも歌いたくて演奏したくてもう100回も500回も聴いているような場合の聴き方に似て細部を聴いているようでいて実際には全体の雰囲気や流れのようなものを楽しんでいるのであってゆっくり味わうような聴き方はしていない。

そういうことがあるので一度わかった文章を何回も読み直すのは論理の勉強にはなるかもしれないが新しい文章を読むことの練習は新しい文章を読むことからしか得られない。

もちろん10回味読したあとに何かの発見や縁語掛け詞(のようなもの)をひっそりと新発見することはあるかもしれないが論旨がはじめてわかったというようなことはあまりあり得ない。

以上が、列挙と反対にのあとはある程度速読みできるのその1である。

 

その文だけ読んでまったく意味がわからない多くの場合に抽象的な文を見解あるいは主張という。

抽象で文章が終わることはなくそれを伝えるために具体を用意する。

この具体は速読ができるものではない。

なぜならまだ見解がつかめていない段階だからだ。

見解がつかめているところは早く読み聞きができて見解がつかめていないところではじっくり聴く視るようにすること、このような速度差のある読みをすることが文章を読むのがうまい人ほど自然に無意識に行なっている。

ウーマンラッシュアワーの中川氏の奇声と村本氏の早口は一度言いたいことを伝えた後なら、したがって、列挙は早口でも理解されうるので、とてもいい芸だ。聞き手はもう何が聞こえても聞こえてこなくても2人が何を言わんとしているのかを知っている。

そこには共通の仮想のバイトがあって誰一人バイトリーダーを頼らない人がいない。

バイトリーダーのネタを思い出してそんなことを考えた。流れるように注文を聞いているネタはラーメン六角家の、100人分の行列のお客さんの注文をメモさえとらずに暗記してとっていた伝説の女性定員さんを上回っているかもしれない。「大、あぶら少なめ、濃い」、「大、こめ、おおめ、固め」たったの2人でも順番もバラバラなのに。

 

私は貴方を好いている(BGMは題の歌)。

 

現代文や英語の大学入試問題は年々長文化しているのは事実だが、試験時間内に終わらないほど長いというわけではない。

 

本文を読みながら、

どんな意味か?

もっと具体的に言って!

と、対話しながら読む。読まされるのでなく主体的に読んでいけるこのような読みの仕方を獲得すると、むしろ時間には余裕が生まれるものだ。なぜなら、主体的な読みができると本文がゆっくり丁寧に読み解けた段階で実はすでにして、設問で聞かれることについてはすでに読み終え把握していたことになっている。お前はすでに解けている!という設問ばかりが多くなり設問処理しているという感覚が薄れるくらい速く自然に解けるようになる。設問処理の時間はできるほとほどおそろしく短い。

読める人ほど本文は速読なんてものはせずじっくり読み込んでいるものだ。

それでも時間が余るのは設問の解答が見え見えなくらいにまで読めてしまうからなのだ。

 

入試で解答時間が足りないという場合には原因が大別して2つあって、1つは言葉や文法の知識が不足、欠落しているため類推が多く入ること(行の読み)、もう一つはイイタイコトを追跡していくための読み方の技術が磨かれていないこと(行間の読み)であるだろう。読み方の技術とはたとえば抽象と具体を捉えられることである。(下手すると教えられていないので読みに慣れない人は抽象と具体が何かすら知らない。そして入試問題で最も多い設問は具体的に説明しなさいだ。得点にならないわけだ。)抽象と具体は同じことを違うところから見ているだけなのだがそれらの両方ともが同じAの色に見えていなくて、AのあとにBがきてCがきたといろいろな色に見えてしまううちはイイタイコトなどつかめない。

 

たとえば文法はテキストの読みの可能性を狭めていくことができる道具であり判断基準になる。この形はこの可能性だけを持つということの知識があれば読解を正確に無駄な可能性に飛ぶことなく素早く行えるようになる。

 

基礎の段階では行の読みに学習の重点を置けばよいが、同時に長い文章を読みながら結局何がいいたいのかという行間、行をこえた読みをもはやい段階から実践していくのが到達すべきゴールを見ること知ることになり成長も早くなる。