ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

どうでもいい話(132)

どうでもいい話。

勝手に先の方まで自分で進めておくのと学力は比例する。

少しだけでも1問でも先の方にいると、リードしているので急がなくてもいい。

急ぐ必要もないとわかれば気持ちに余裕が生まれ、趣味的な気分でそのまた次のところを気楽に楽しめる。

楽しいと、義務感からでなく好みでまた先の方まで勝手に進んでみたくなる。

勝手に進んだ結果、人よりは少し先の方にいることになる。

先の方にいると、リードしているので急がなくてもいい。

急ぐ必要もないと精神的な余裕が生まれ趣味的な気分でそのまた次のところを気楽に楽しめる。

楽しいと、義務感からでなく好みでまた先の方まで勝手に進んでみたくなる。お好みで。

そんな風にして好みとなり、好きなことを好きなだけ研究しているような気分になってくる。

元をたどれば、人よりほんのちょっとだけ先の方まで勝手に進めてみただけだったのが、気がつけば、それはもはや趣味になっているかもしれない。特技となってるかもしれない。

たかだか毎日1ページだけの予習が積もり積もって超☆科目を連れてくる。