ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

併願(2) 〜先輩を参考にする〜

併願の続き。

パワーアップできるかどうか最後はいくら自分次第とて、先輩の進路はやはり参考になるだろう。

部活の先輩が自分の目標としていた学校へ進んだ。いやでも(嫌じゃないけど)テンションは高まる。自分も続くど〜、って。

同じ(ような)トレーニング設備で学んだ先輩がそこの扉を開いた。私もエラーなく、続きたい。

入学前は先輩の知り合いは少ないだろう。だから卒業生の進路をくまなく見る。自分に置き換えて見る。

自分の進みたい進路に何人の先輩たちが進んだだろう。

過去3年分くらい、じっくり見てみる。

A学校とB学校で、自分の目標進路に進んだ先輩の人数やパーセンテージを紙に書き出して見てみる。