ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

失敗しよう(2)

でね、失敗しないと覚えないんよ。

失敗して落ち込んでプチ旅行して(近所の公園までとか)、落ち込むのにも疲れたらガリガリ君たべてまたやるぜぃ!今度こそやったろうじゃん!(by原先生の野球漫画(青空もめっさいい))てなるよな?

なにしろあの長嶋茂雄さんも言ってたよ。

失敗は成功のマザーです。

って(あ、基本、ヴォクは長嶋さんでブログを書いています、ええ。野球人ですから(いつからだよっ!)。)。

話を具体化しよう。模試の過去問を解く。その子は多めに解いた。20セット。でね、解いた後がゴイス。

失点箇所を単元票に仕分けして正の字で数えてたんよ。

物質の変化…3マイ

ヒトの体…4マイ

身の回りの物質とその変化…4マイ

日本の地理…6マイ

室町・戦国…ドンマイケル

みたいに。

1まーい、2まーい、3まーい・・・1まいたりなーい!!

数えて、足りない~~~ってぼやいてたのかな~、って(怖い話のお岩さんかっ!)

そしてその単元を塾の課題なんかに関係なく自学したの。

じ・が・く。

これが本当の自学よ。

やる場所自体自分で決めてるんだから。自分に全部、さらに倍っ、ど~ん。(まいけるっ)

自分にここが足りないってのを感覚的につかむのみならずデータでつかむ。

→自分の失敗をみつめる。

→自分の弱みに着目する。

→嗚呼、なんでこんなにできないんだ~、くぅ~

→くやしがる。

→プチ家出(省略可)

ガリガリ君食べる(省略可)

→自分で一からやりなおす。

さらに、単元を勉強したあとに、あの間違いだらけの過去問をもう一回あえて解き直して、自己採点をし直して、上がった点を見てにや~って。ニヤ~、って。

解き直したらそりゃあ上がるよな?しかも単元学習しなおしてからってずるくね?

2回目が1回目よりいいってあたぼーだよな? な(にっこり)?

でもね、愚鈍なまでにそれをやったの。わかってるだけじゃないんよ。自分でやったの。や・つ・た・の。

うへへ。あたしは合格最低点をこえましたが、なにか↑

(なにか文句でも?)って。

紙にはこう書いてあった。

2回目自己採点

 国語○点

 社会○点

 理科○点

 数学○点

    合計点○点

(合格最低点○点)

それを見てできるようになった、できるようになった、って、自己確認していたんだね。

ツオイ子だな~。失敗を見つめることができるだなんて。

てか、失敗は成功のマザー、って!!

(つづく)