ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

どうでもいい話(72)

予習に時間をかけるのと成績は比例する。

成績を伸ばし続けている子がいる。この子は授業で次にやるものを伝えると隅々まで調べて書き込みをして予習をしてくる。

復習は定着させ血肉化させるには一番よいが、予習は自分ひとりで考えるのにもっともよい。頭を鍛えるのだ。

それだから教科書ガイドの類は予習時にははじめからは見ないのがよい。

それから自学用にと答えを渡し解説も渡しているがそれを踏まえてさらに勉強してきている。授業は自ずと知らなかったことの発見の場となるだろう。

ずっと考えていたことだからだろうか、砂漠の水のように吸収される。