ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

どうでもいい話(64)

090821_1644~02.jpg模試を受けるのと成績は比例する。

(結果論だが)模試を積極的に受け続ける子たちは成績がよい。

定点チェックができる。志望校までの距離感をもって日々を過ごせる。

試験で少ない(少ない?)自分の知識をフルに使って高得点をたたき出すスキルを模試会場で上げられる。

試験で必要な力はわかる力以上に思いつく力なのだ。それを伸ばすには極限の集中状態の中で思いつく練習をするのがよい。

今日は駿台模試もあった。国立早慶志望者たちは自主的に受験している。ヴォクから受験強制はしていない。きっとたくさんの経験を1日で積んだことだろう。学校で習いもしない政治が試験範囲にあって、学校で習いもしない相似三平方が出題されても間に合わせて何とかする、そういう姿勢が彼らにはある。

ほなね。すた、すた、…(最後は、「あと9日。」と勝手にコラボで。)