ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

英検を前にいつもおもうこと

090601_0316~01.JPG夏の英検が近い。今月だ。

塾生たちは対策を原則しない。

普段から音読英単語、システム英単語、速読速聴英単語などでボキャビルし、速読英単語、多読英語長文、リンガメタリカで多読と音読を繰り返しているので、とくに英検の対策をとる必要性が見当らない。

対策をとらねばならないのは普段やっていない場合だろう。普段からやっていたら過去問を1回やれば充分なのである。中1から英語をはじめて充分な英語力がつく。3級、準2級、2級までなら中学のうちにしかるべき努力を積み重ねたら中学生でもとれるものだ。

幼児や低学年のうちから英語漬けにする理由をヴォクは見つけられないでいる。

英文を正しく理解するには、英文法力、英単語力、読解力の3つが必要である。このうち英文法力や英単語力はある程度短期間でもつめこめるし、トレーニングが可能だ。自学でもできるし講義でもなんとかなりやすい。はじめるのが遅くてもいい。大人になってからでもいい。

けれども、読解力ばかりは自分で若いうちからつけてゆく必要がある。

小学生のうちにじっくり伸ばしたい力は読解力(日本語)であり、英単語力や英文法力なんかではない。

考える、本を読む、考える、本を読む。俗に地頭とよばれてるやつだ。こういうことを大事にしたい。

詰め込みなら入試前の一年あればいい。

逆に普段は好き放題に興味のおもむくままに好きなことをしたらいいんじゃないか。

ほなね。