ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

どうでもいい話(19)

課題をたくさん要求するのと成績は比例する。

電車で大宮駅経由で遠くから通う子(新中1)がいる。

通塾スタアトから一年すこしだろうか。

そのときから英語も習いはじめもう中学英語は完了している。

スポーツ少年は根性が違う(ヒカリの日替わり独断)。

今日の授業終了直前にひとこと。

「せんせ~、もっと宿題を出してください。」

まるで追加ノックを要求する野球少年のようだった。

いまのところヴォクがコーチ役だが、マネージャになる割合を増やして、練習メニュー立案部分は一部彼に任せていこうか、そんなことを感じた。

ほなね。

すた、すた、…スタイル。