ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

必要な勉強時間を獲得するという問題の80パーセントは勉強をはじめる前にある。

090407_1431~01.JPG赤いシャツを着て勉強チャージ。

レッドタイガーチャ~~~ジっ!!

その前に、勉強は、はじめるまでが時間がかかる。いろいろあって結局勉強しようと机に向かったらもう夜11時になっている、とか。

ゴルフコースのクリーク(池)みたいな落とし穴がここにある。

机に座るまでが時間がかかる。いったんはじめたら15分や30分は集中できるものだ。たとえ目標がいつも頭の中にあっても身体がついていかない、なんて日も時にはあるんじゃないか。

身体がリラックスモードになったままエンジンがかからない、みたいな。

必要な勉強時間を獲得するという問題の80パーセントは勉強をはじめる前にある。

だから勉強をはじめるのが容易になる工夫が必要なんだ。机の上にガムを置くとか、イスをフカフカの社長イスにするとか、イスをマッサージチェアに変えるとか。

身体がそもそも机に向かわないって?

まず読むようにしてみたらどうだろう。それなら机まで行かなくてもいい。寝ていてもできるから身体的に楽にはじめられる。まぁ、ヴォクはそうしていた。

で、机に座ったらまず好きな科目を開く。いきなり嫌いな科目を開くとやっぱや~めた(笑)なんてことになりかねない。あるいは計算なんかの作業系からはじめてみてもよい。

ハンバーグの中に入ったにんじんではないが、嫌いな科目やきつい暗記ものは、あいだあいだで細かくきってやれば苦しさは小さくなる。

好きな科目→嫌いな科目→好きな科目→嫌いな科目→好きな科目→きつい暗記→・・・、こういう感じ。

以上、勉強をはじめるまでの時間を短縮すること、すぐに勉強するって話でした。

ほなね。