ヒカリブログ

上尾市にある学習塾光塾

新受験生(小6)

明日、小5生の受けた(首都圏最大母集団の)模試結果が出るはずだ。

受験ジャスト1年前のこの回の数字がたとえどんなものであっても、どんなによくっても、逆にたとえどれだけ悪くっても、今現在の第一志望校に全員合格することしか僕は考えていない。今までもそういう考えでやってきた。今年も全員合格した。今年の受験生とも一緒に闘う。

10や20くらいの偏差値ならやり方を間違えなければあがる、それは学問への愛情と根性の問題だ。(さすがに、偏差値60から20上がるのは無理があるけど、受験校の合格判定80%ラインをとるくらいまでなら根性を出せばなんとかなりやすい。)

中学受験での合格は目指すべきゴールなどではいささかもなく、実際にはほんの始まりに過ぎないのだけれど、そこに行きたいという強い願望があるというのなら、喜んでアシストしたい。どうせ闘うならとことん徹底的にやりたい。中途半端は捨てる。

今回の結果はまったく未知だけれど、国語と算数だけは何らかの結果が出ているといいな。

今の時期くらいの模試なんかではまだ偏差値なんか関係ないけれど、国語や算数は問題と格闘する力みたいなものが垣間見えるから。

今年の受験生達の中にはスタートが早くはなく算数/プラスワン問題集―中学受験も、まだ終えずに受験した子もいる。でも、これから受験本番までに間に合わせていきたい。

ほなね。