ヒカリブログ

上尾市と桶川市の間にある学習塾光塾

僅差を制するフィニッシュ

試験は最後の10分がたいせつ

ここに余った集中力のすべてをぶつけ見直しや答案の仕上げをする

100m走とか110mハードルなんかのフィニッシュの取り方を見るのは勉強になる

勝者はウィニングフィニッシュを切る

ウイニングフィニッシュ(なんとなく教材名をリフレインしながら)

400mハードルでも最後のハードルを越えてからが勝負

そこから力をどれだけ出し切れるか

そこではそれまでの練習にかけてきた思いとか、勝ちたいという意思の力が現れるんじゃないか